読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒナタグラシ

日々を明るくひなたにいるような暮らしに!20代一人暮らし女が理想の暮らしを目指します。

【小説】「コンビニ人間」の村田沙耶香はクレイジーだった。

こんにちは、きのみです。


2016年、第155回芥川賞受賞作品である「コンビニ人間」。

アメトークの読書大好き芸人の回で出演者たちがこぞって面白い、すごいと言っていたので読んでみたかった作品です。

先日ようやく手に入れて読み終えました。

あらすじ

簡単なあらすじをどうぞ。

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが・・・。
コンビニ人間」の帯より

感想

正直言って、思っていた内容と違いました。
いい意味でも悪い意味でも私を裏切ってくれました。

コンビニのバイトを18年も続けて、そのことに主人公が焦りや負い目を感じるといった内容なのかな~と勝手に思っていました。
そんな浅いものではありませんでした。

主人公・恵子は一般的な考えの持ち主ではありません。
普通の人間の気持ちや志向が分からないのです。

恵子はコンビニバイトという人間を上手に演じているのです。
周りの人間に溶け込むためにしゃべり方を真似したり、服や持ち物、化粧品に至るまでを気づかれない程度に似せていく。

後味は湊かなえ作品ほど悪くはありません。がハッピーエンドでもなく、なんともいえない不思議な感じ。
それが恵子らしいというか何というか。

読みだしたらあっという間でした。時間を忘れて無我夢中でページをめくっていました。本自体が151ページしかないのですぐに読めます。
文章もとっつきやすいので普段読書をしない方も気軽に読める作品です。

作者自体がクレイジー

実は作者の村田沙耶香さん、作家仲間から「クレイジー沙耶香」と呼ばれています。

作品を読んでいただければその所以が分かります。
作品自体から彼女のクレイジーさがにじみ出ています。

主人公の思考は村田沙耶香さん本人の考えなんでしょうか。
そうでないにしても、ああいう思考を考え付くだけで十分クレイジーです。
狂ってますね。これは誉め言葉です。
他人とは違った視点で物事を考えることができるんですから小説家にとっては最強の武器になります。

いや~サイコパスという単語がよく似合いますね。うん。

コンビニ人間

コンビニ人間

図書館で他作品も借りてみた

村田さんの狂いっぷり見たさに図書館で2冊別の作品を借りて読みました。
どちらもすぐに読めました。

▽タダイマトビラ

タダイマトビラ

タダイマトビラ

これはコンビニ人間以上にクレイジーでした。クレイジー沙耶香が炸裂しています。
なんだか開けてはいけない扉を開けてしまったような、そんな感覚に陥りました。
家族をテーマにした作品です。

▽マウス

マウス

マウス

こちらはクレイジー度低め。現実にありそうな女の子の話。
女の子特有の友情、いじわる、ライバル心、嫉妬心などを描いた作品。
中学・高校あたりで読んでおきたかったなと思える作品でした。

いじめなどのエグさもそこまでひどくないので割と落ち着いて読めます。
こういう女子学生のテーマは大好きです。