読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒナタグラシ

日々を明るくひなたにいるような暮らしに!20代一人暮らし女が理想の暮らしを目指します。

【家計簿公開】手取17万円実家暮らし女が年間貯金額128万円を達成させた方法

f:id:kinomi503:20170120021727j:plain

こんにちは、きのみです。

最近、2016年の収支を振り返りました。

その結果、な、なんと年間128万円貯金していました!!
社会人になってからの年間貯金額の最高新記録ですよ。


ここまで貯金できたのは実家暮らしのおかげです。
ですが、きのみ流・庶民派?テクニックの合わせ技あってこその128万です。

さて、どんな技で128万を叩き出したのかお教えしましょう!!


奨学金返済時の家計簿はこちらを参考にしてください。
hinatagurasi.hatenablog.com

手取17万円実家暮らしの家計簿

まずいきなり家計簿から公開です!こちらです!!!


家賃(家に入れるお金)       30,000円
貯金              75,000円
車検積立            2,000円
美容院積立           5,000円
コンタクトレンズ積立     2,000円
旅行積立            10,000円
ガソリン代          5,000円
脱毛代            15,000円      
スマホ代           7,000円
小遣い            20,000円
もしもの時の貯金     給料の残りわずか
―――――――――――——―――――――――――——
           計  171,000円(+給料の残りわずか)

きのみ流テクニック

年間貯金額の目標を設定し、1ヵ月の貯金額を計算

たとえば、年間100万円貯金したいなら、
100万円÷12ヵ月=約83,400円
1ヵ月83,400円貯金すればいいんです!

8万円も毎月出せんわ、6万円が限度やわって人は、
6万円×12ヵ月円=72万円
残りの100万円-72万円=28万円ボーナスから出しましょう。

ここら辺は自分の支出スタイルや月給・ボーナスと相談して決めましょう。
そして貯金には絶対に手を出してはいけません!!

誘惑に負けそうな人は給与振込口座とは別の口座に貯金を預けて引き出しにくい状態にしましょう

大きな出費に備えて項目別に毎月貯金

きのみは○○積立と題して項目別に貯金をしています。
理由は月々の支出の変動を少なくするためです

ある月に出費が集中してしまうと、その月は大赤字になってしまい穴埋めが大変です。
精神的にも良くないです。

自分の大きな支出を把握して毎月積み立てると、お金の管理も楽になりますよ~。

脱毛・旅行などやりたいことには我慢せずお金を使う!

キレイになりたい、あそこに行きたい、あれ欲しい…けど我慢して貯金。
実は貯金でやりがちの我慢は貯金の敵なんです。

あれもこれも全部手に入れるのは良くないですが、自分の欲望を満たすのは大事です。
我慢してしまうと、その反動で欲望を爆発させて衝動買いに走ってしまう場合があります。

きのみなんかは、普段服の買い物を我慢しすぎて、旅行先の京都でなぜか3万円のブーツを購入してしまいましたね。
旅行という特別なイベントで心が解放されたのか、商品を吟味せずに衝動的に買ってしまいました。

そのブーツは一度も履くことなく売ってしまいました。

普段から欲しいものをリストアップして、ネットストアで商品を比較して欲しいものの狙いを定めていればこんな事にはならなかったですね。

給料の少ない月は予備費で穴埋め。もしくは小遣い削減。

給料って多い月もあれば少ない月もありますよね。
そんな時のために私は「予備費」という項目を作っています。

予備費給料から毎月の支出や貯金・積立を全て引いた残りのお金で貯めています

給料の多い月に予備費を蓄えて、少ない月に予備費で補てんします。
予備費が底を尽きたら最終手段としてその月の小遣いを減らします。
もしくは旅行積立を削ったり。

自分が納得のいくように穴埋めすればOKです☆
ただし、貯金にだけは手を出さないことを忘れずに。

で、128万円はどうやって叩き出したのか

えっと、冒頭で128万、128万とうるさく言っていたので解説。

きのみは毎月75,000円貯金しています。
75,000円×12ヵ月=90万円

残りの128万円-90万=38万円はボーナスです。

2016年は評価も良く、ボーナス多めだったので128万円貯金できました。
目標額は110万円だったので目標以上に貯められました☆

つまり、ボーナスのおかげです。

おわり。